ベストを尽くし、頼れるエージェントを目指す

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

イマジカデジタルスケープ2017年度新卒採用 先輩社員インタビュー 関の仕事風景1

キャリアプロデュース部 ビジュアル&ITソリューショングループ  K.S

2014年入社。人材コンサルティング営業


現在担当している仕事について教えてください。

家電や自動車のメーカーで、誰もが知っている大手企業がクライアントです。そこで働くデザイナーの派遣や、転職のサポート、お客様の課題解決のための提案などをしています。最近は新規クライアントの開拓も順調です。自分が提案したことにより、有名企業との取引が成立、開始されるのは、やりがいを感じます。イマジカデジタルスケープの企業価値が認められたということですから。最近では、各社・各業界が開く3DCGデザイナーのパーティーなどにも積極的に参加し、最先端の技術やアイディアにも触れるようにしています。自分の専門性を高め、仕事に活かす上でとても良い刺激となっています。

イマジカデジタルスケープ2017年度新卒採用 先輩社員インタビュー 関の仕事風景2

人材プロデュースの仕事のおもしろさは何ですか?

就職活動や転職活動で、思い通りにいかなかった経験がある人ほど活躍できる仕事であることです。実は、私が転職活動をしていたとき人材エージェントに何社か登録したのですが、担当のコンサルタントと自分との間で情報がうまく共有できず、残念な思いをしたことがありました。今は自分がコンサルタントの立場ですが、あの時の経験がとても役に立っています。転職する人の立場で耳を傾け、目の前にいる人の気持ちを正しく理解するために、真摯な気持ちで向き合うことこそ重要だとわかっているからです。日々、「頼れるエージェント」であるかどうかを自分に問いかけながら、転職する人の気持ちに寄り添い、接することを心掛けています。この過程でクライアントと転職する方に最良の出会いをご提供できた時は、何ともいえない充実感があります。

イマジカデジタルスケープ2017年度新卒採用 先輩社員インタビュー 関の仕事風景3

イマジカデジタルスケープに入社してよかったと思うことは?

新規取引が成立したクライアントから「もっと早くイマジカデジタルスケープを頼っていればよかった」と言われた時はうれしかったです。イマジカデジタルスケープが他社と違うのは、クリエイター向けの案件が豊富にあること。大手エージェントで採用にいたらなかった人でも、イマジカデジタルスケープなら紹介できるケースがあります。自分の提案の幅も広がりますし、その中には大手企業も多数含まれているので、あこがれの企業に私自身が提案できる機会があるというのも恵まれた環境だと実感しています。
また、イマジカデジタルスケープでは、いかに成果を出す仕事をするにはどうすべきかを自分の頭で考え、日々の業務や一日の行動スケジュールを効率的に組み立てられるのも魅力の1つです。だからこそ、仕事とプライベートの時間のバランスを図ることができ、家庭では今年4歳になる子供の成長に積極的に関わる時間を持つことができています。その時間は私にとって最高のひとときですね。

イマジカデジタルスケープ2017年度新卒採用 先輩社員インタビュー 関の仕事風景4

今後のキャリアアッププランについて、どう考えていますか?

当面は、自分なりの営業スタイルを確立して実績を積み上げて行くことが目標です。私が入社してから、人材紹介の分野で自動車や精密機器、文具などのメーカーや、ゼネコンなどの窓口を開くことができました。今後ももっと有名企業との取引を増やして、存在感を大きくしたい。「プロダクトデザイナーやCGデザイナーの転職はまずイマジカデジタルスケープに相談しよう」と、企業からも転職したいと考えている人からも頼りにされるサービスに育てていきたいと思っています。


休日は何をして過ごしていますか?

家族サービスをしてリフレッシュしています。公園の散歩やドライブなどですが、前職ではかなわなかったので、楽しんでやっています。

ページのトップへ戻る