人の人生に“より良い出会い”を提供することができる仕事

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

イマジカデジタルスケープ2019年度新卒採用 先輩社員インタビュー 阪井の仕事風景1

クリ博企画営業部 中途採用コンサルティング営業グループ K.S

2016年入社。クリ博ナビ 企画営業


「入社できて本当に良かった」と思える出会いを、創り出したい

私は「クリ博ナビ」という、マスコミ・コンテンツ業界特化の新卒就職サイトや転職求人情報サイトの企画営業を担当しています。人材の採用を検討しているマスコミ・コンテンツ業界の企業に、新卒採用向けの「クリ博ナビ」、中途採用向けの「クリ博ナビPRO」を活用して頂き、採用支援をする仕事です。

ほかにもクリ博ナビ主催の就活イベントの企画・運営にも携わっています。イベントを通じて理想の人材と出会える企業もありますし、クリ博ナビのサイトを活用し、条件に合う求職者にピンポイントでアプローチすることで、有能な人材を採用できた企業もあります。それぞれの企業の特性や予算に合わせて、どうすれば求める人材を的確に確保することができるかをご提案するのが、私たち企画営業の使命です。

この仕事をしていてつくづく感じるのは、自分が企業と求職者の架け橋になることで、人の人生に関わっているということです。それだけに責任も重く、一人でも多くの人が「この会社に入社できて本当に良かった」と思えるよう、日々奮闘しています。

 

採用が難しかった企業の人材紹介に成功!その体験が心の糧に

以前に、「人材がなかなか見つからず、どうしたものかと悩んでいる」という企業様から、人材採用のご相談の連絡が入ったことがあります。私が担当することになり、お話を伺ったところ、「どの媒体に求人を出しても人材が集まらない」とのことでした。

詳しくお聞きしてみると、企業の所在地が都心から離れていることがフォーカスされていたことにより、その企業本来の魅力が求職者に十分に伝わっていない可能性が浮上しました。逆に、都心から離れていることで職場環境もよく、十分に伝えきれていない魅力があることもわかりました。

そこで「クリ博ナビ」に求人情報を掲載するにあたり、ライターとカメラマンを手配。担当者に取材を行い、その企業の魅力を引き出したところ、企業の良さはもちろん、その地域の知られざる魅力まで聞き出すことができました。

さらに画像の選定、募集開始後の求職者に向けたメールでのアプローチなど、私にできる限りのサポートを行いました。その結果、企業が求めていた人材から応募があり、無事採用が決まったのです。

内定後は、担当の方から「クリ博ナビに掲載して良かった」とお言葉をいただきました。このときの感動はとても大きく、今でも仕事をする上での心の糧になっています。

 

企画営業がアイデアを出し合い、就職イベントを盛り上げる

クリ博ナビ主催の就職イベントには、大手を中心としたマスコミ・コンテンツ業界の企業が一堂に会します。「ポートフォリオ相談会」のように、美大生等の学生自身が作ったポートフォリオに対し、就職活動を行う上でのアドバイスを行うコーナーもあります。こうしたイベントの企画運営を行うのも私たち企画営業の仕事です。

「どんなイベントにしたら、より良い就職活動につながるのか?」と、いろいろなアイデアを出し合いながら創意工夫し、就職イベントを盛り上げていきます。企画営業のメンバーが一致団結してイベントを創り上げるのも、とても刺激的で楽しい作業です。

イマジカデジタルスケープ2019年度新卒採用 先輩社員インタビュー 阪井の仕事風景2

 

中途入社の違和感はゼロ。すぐに馴染める職場環境

私がイマジカデジタルスケープに転職する際、「中途入社でも会社に馴染めるだろうか?」という一抹の不安をもっていました。

ところが、入社後は同じ趣味を持つ社員の方とすぐに意気投合し、まったく心配なく部署に溶け込むことができました。人生経験や知識が豊富な上司や先輩も多く、仕事のこともプライベートのことも、ざっくばらんに話すことができます。

お世辞を言ったり、抜け駆けしたりするような社員は一人もいません。誰もが素のままで思ったままを語り合っているので、肩ひじ張る必要もありませんし、毎日気持ち良く仕事に臨めます。

 

面接官の心温まる計らいに感動

この居心地の良さは、私がたまたま人に恵まれただけではなく、会社そのものが“人”をとても大切にする考え方を持っているからだと思います。

たとえば、私が転職をする際に、面接官の方が「入社を決める前に、もう少しお話をしましょう」と、わざわざ時間を設けてくれました。そして仕事のことから身の上話まで、とても深いところまで話をすることができました。

なぜこのような機会が設けられたかというと、じっくり話をすることで、応募者自身が「本当にこの会社でいいのかどうか?」を見極める意味合いもあるとのことでした。

通常、企業は人材を採用するにあたって、「自社の企業風土に合った人かどうか?」を考えて面接を行いますが、「この人にとって、この会社に入社することが幸せなのかどうか?」という視点でも考えてくれることに感動したことを覚えています。「そこまで人を大切にしてくれる会社なら、間違いはないだろう」と思ったことが、私にとって入社の決め手となりました。

イマジカデジタルスケープ2019年度新卒採用 先輩社員インタビュー 阪井の仕事風景3

 

人を大切にする会社、仲間を思いやる職場環境

人をとても大切にする会社だということは、入社してからも実感しています。各部署が工夫して、社員が働きやすい環境づくりに精力的に取り組んでいます。

また、社員も周囲に気を配れる人がとても多いのにも、驚かされます。たとえば、ご家庭の事情があり、早く帰らなければならない同僚がいた場合などは、「自分が代わってあげるから、先に帰ったら?」と、さり気なく声をかけたりする姿をよく見かけます。

人材サービスを提供する会社ならではの雰囲気かもしれませんが、こうした温かい職場環境があるということは、とても有難いですね。

 

仕事をやり続けることで、見えてくることがある

営業職はシビアな部分もあるので、就職を考えている人の中には、「本当にやっていけるのだろうか?」と躊躇している人もいるかもしれません。でも私は経験上思うのですが、どんな仕事でもまずはチャレンジし、くじけずにやり続けることで必ず見えてくるものがあると思うのです。

たとえすぐに結果が出なかったとしても、根気よく業務に取り組む姿勢を持ち、経験を積むことで見えてくることが多々あります。また、それが見えてくると次なる仕事への意欲につながります。入社が決まり、仕事をする際には、ぜひチャレンジする気持ちを忘れず頑張ってほしいと思います。


<ある日のタイムスケジュール>

6:00 起床・朝食
8:00 出社
少し早めの出社。メールやTODOリストを確認。
9:00 朝礼・新聞会議
クリ博グループのメンバー間で、今の世の中で旬な情報の共有を行う。
10:00 営業進捗会議
グループ内で個々の営業の案件進捗を共有。予算達成のため、みんなで意見を出し合う。
12:00 昼休み
訪問先の最寄駅付近まで行き昼食。おいしいランチを探すのがマイブーム!
13:00 クライアント訪問
クリ博サービスの利用状況確認や、今後の採用活動について打ち合わせ。
16:00 提案資料の作成
契約を検討している企業様に向けた提案書を作成。
19:00 帰社
自分の業務量に合わせ、定時で退社する日、少し残って頑張る日など、メリハリをつけている。
ページのトップへ戻る