デキる先輩を目標に、努力と経験を積み成長する

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

イマジカデジタルスケープ2017年度新卒採用 先輩社員インタビュー 木下の仕事風景1

GAMEエンタテインメント部 GAMEソリューショングループ  Y.K

2015年入社。人材コンサルティング営業


現在担当している仕事について教えてください。

ソーシャルゲームの企画・開発などを行う会社に対し、人材のご提案をしています。プランナーやイラストレーターなどの職種の方々をご紹介することが多いです。そういった求職者の方には転職活動のサポートも行います。たとえば、履歴書・職務経歴書を見せていただき、応募する企業に合わせて強調したほうがいいポイントなどをアドバイスします。企業側には、その応募者が入社することにより、どんなことが可能になるのか、どんなメリットがあるかを提案します。ゲームの世界は日々進歩しているので、トレンドを把握するためにニュースを欠かさずチェックしたり、より専門的な知識を身につけるために本を読んだりする努力も忘れません。少しづつですが、その積み重ねが仕事に活かされると実感しています。

イマジカデジタルスケープ2017年度新卒採用 先輩社員インタビュー 木下の仕事風景2

人材プロデュースの仕事のおもしろさは何ですか?

学生時代からゲームが大好きでした。そんなゲーム業界の仕事に携わり、縁の下の力もちとなって裏側からゲームの仕事をサポートできることです。”誰かの楽しい時間を創り出すお手伝いを自分もしているんだ!”と思うと、とてもやりがいがあり楽しいです。また、転職サポートという面においては、人生の一大事ですから、今後のキャリアについて悩んでいる求職者の方に対して親身になって話を聞くようにしています。私自身も一緒に悩みながら話しを聞くことで、求職者の方が「担当がY.Kさんでよかった」と言ってくれたことがありました。そのときは、涙が出そうになるほど嬉しかったです。

イマジカデジタルスケープ2017年度新卒採用 先輩社員インタビュー 木下の仕事風景3

イマジカデジタルスケープに入社してよかったと思うことは?

先輩に恵まれていることです。実は尊敬する先輩がいるのですが、その先輩はクライアントが抱えている課題を理解し把握する力も、それに対して提案する力も見習う所ばかりで、人材紹介の案件を次々と決めています。さっそうと仕事をこなす先輩が身近にいることで、その仕事ぶりをチェックしたり、学ばせてもらうことが多くあります。目標となる先輩が近くにいるというのは、仕事をする上でお手本となってくれるので、とてもありがたいことです。また、仕事をしていると、時には自信をなくしかけるときもあります。そういう時、周りの先輩方が励ましてくれるんです。貴重なランチの時間に悩みを聞いてくれる時もあって、申し訳ないと思うと同時に、頑張ろう!という力がわいてきます。

イマジカデジタルスケープ2017年度新卒採用 先輩社員インタビュー 木下の仕事風景4

今後のキャリアアッププランについて、どう考えていますか?

後輩も入社してくるので、頼れる先輩になりたいです。状況の2、3歩先を見据えて、次に何をすべきなのかを先読みし、スマートに仕事ができるようになりたいです。そのために、業界の動向をつかもうと毎日ニュースをチェックしたり、人気上位のゲームをプレイしてゲームの内容理解に努めたり、研究したりしてしています。求職者にも、クライアントに対しても、時間をかけて丁寧に接し、吸収できるものはどんどん自分のものにしていきたいと思います。


休日は何をして過ごしていますか?

体力をつけるためにマラソンの練習をしています。2年後には東京マラソンに出たい。4時間を切るのが目標です。

ページのトップへ戻る